サイドコンテンツに移動する メインコンテンツに移動する

ぴったりサービス

居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給申請

提供地域

都道府県、市町村を選択する事で、 同一手続の再検索が可能です。

手続き名

居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給申請

概要

介護保険の認定を受けている人が、その心身の状況や住宅の状況に照らし、手すりの取付け等の住宅改修を行う場合に申請を受け付けています。
ご利用に当たっては、あらかじめケアマネジャー等にご相談ください。
(注意)住宅改修工事着工前に事前申請を行い、確認を得ることが必要です。

対象

  •  居宅要介護(要支援)被保険者が、厚生労働大臣が定める種類の住宅改修を行ったときは、当該居宅要介護(要支援)被保険者に対し、居宅介護(介護予防)住宅改修費を支給します。
  • 【対象工事】
  • ・廊下、階段、浴室などへの手すりの取付け
  • ・段差解消のためのスロープ設置等
  • ・滑り防止、移動円滑化のための床材変更等
  • ・開き戸から引き戸などへの扉の取替え
  • ・和式便器から洋式便器への便器の取替え
  • ・上記の改修に伴って必要となる工事

手続き書類(様式)

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書

手続きに必要な添付書類

  • ●【事前申請時】改修費用見積書必須
    内訳がわかるよう、材料費、施工費、諸経費等を適切に区分したもの。また、改修工事に支給対象外工事が含まれる場合は、支給対象経費と支給対象外経費が区分されていること。

    詳細を見る

    閉じる

    改修費用見積書
  • ●【事前申請時】介護支援専門員等が作成した住宅改修が必要な理由書必須

    詳細を見る

    閉じる

    介護支援専門員等が作成した住宅改修が必要な理由書
  • ●【事前申請時】住宅改修の予定の状態が確認できる書類必須

    詳細を見る

    閉じる

    住宅改修の予定の状態が確認できる書類
  • ●【事前申請時】当該住宅の所有者が当該住宅改修について承諾したことが確認できる書類必須
    住宅改修を行う住宅の所有者が当該居宅要介護被保険者(要支援被保険者)または同居する家族でない場合は、当該住宅の所有者が当該住宅改修について承諾したことが確認できる書類の提出が必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    承諾書
  • ●【改修工事完了後】住宅改修に要した費用の被保険者名の領収書必須

    詳細を見る

    閉じる

    住宅改修に要した費用の被保険者名の領収書
  • ●【改修工事完了後】工事費内訳書必須

    詳細を見る

    閉じる

    工事費内訳書
  • ●【改修工事完了後】完成後の状態が確認できる書類必須
    原則として、完成前、完成後の撮影日の確認できる写真が必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    完成前、完成後の撮影日の確認できる写真

手続きに必要な持ちもの

申請者のご本人確認書類
マイナンバー(個人番号)の確認に必要な書類等

手続き方法

本フォーム、窓口または郵送で、必要書類を提出してください。

関連リンク

所管部署

三条市福祉保健部高齢介護課介護保険係
TEL:0256-34-5476

根拠法律・条例等

  • 介護保険法施行規則第75条、第94条

紐付く制度

介護保険
注意マーク

電子申請の際にはマイナンバーカードによる電子署名が必要となります。

注意マーク

申し訳ありませんが、マイナンバーカードをお持ちでない場合は電子申請ができません。マイナンバーカードの申請はこちら(外部サイト)を確認してください。
マイナポータルAPは、本ページ下部の「動作環境」ページからインストールしてください。

注意マーク

電子申請の際にはマイナンバーカードによる電子署名が必要となります。

注意マーク

申し訳ありませんが、マイナンバーカードをお持ちでない場合は電子申請ができません。マイナンバーカードの申請はこちら(外部サイト)を確認してください。
マイナポータルAPは、本ページ下部の「動作環境」ページからインストールしてください。

  • 閉じる