サイドコンテンツに移動する メインコンテンツに移動する

ぴったりサービス

児童扶養手当の認定請求

提供地域

都道府県、市町村を選択する事で、 同一手続の再検索が可能です。

手続き名

児童扶養手当の認定請求

概要

児童扶養手当を新たに受給する場合は申請が必要です。受給資格および、その額について認定を行います。

対象

  • 次のいずれかの条件にあてはまるお子さんを監護している母、お子さんを監護し、かつ、生計を同じくする父または父もしくは母に代わってそのお子さんを養育している人
  • お子さんとは、18歳になって以降、最初の3月31日までの人です。ただし、心身に一定の障がいがある人は、20歳の誕生日の前日までの人が支給対象になります。
  • ・父母が婚姻(内縁関係を含む)を解消したお子さん
  • ・父または母が死亡したお子さん
  • ・父または母が一定の障がいの状態にあるお子さん
  • ・父または母の生死が明らかでないお子さん
  • ・父または母から1年以上遺棄されているお子さん
  • ・父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けたお子さん
  • ・父または母が引き続き1年以上拘禁されているお子さん
  • ・婚姻によらないで生まれたお子さん
  • ・父母ともに不明であるお子さん

手続きを行う人

受給者本人のみ

手続き書類(様式)

児童扶養手当の認定請求

手続きに必要な添付書類

  • ●受給資格者の前年の所得証明書
    受給資格者の前年の所得について、次の書類が必要です。
    (1)所得額、扶養親族等の有無と人数、老人控除対象配偶者・老人扶養親族・特定扶養親族の有無と人数についての市区町村の証明書
    (2)受給資格者が所得の計算額からその年度の道府県民税の控除を受けるときは、その事実を明らかにできる市区町村長の証明書

    詳細を見る

    閉じる

    受給資格者の前年(一月から六月までの間に請求する者にあつては、前々年とする。以下この条において同じ。)の所得につき、次に掲げる書類等 (1)所得の額(令第三条及び第四条 の規定によつて計算した所得の額をいう。以下同じ。)並びに法第九条第一項又は第九条の二に規定する扶養親族等の有無及び数並びに所得税法 (昭和四十年法律第三十三号)に規定する老人控除対象配偶者、老人扶養親族及び特定扶養親族の有無及び数についての市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)の証明書 (2)受給資格者が令第四条第二項各号の規定に該当するときは、当該事実を明らかにすることができる市町村長の証明書
  • ●16歳以上19歳未満の控除対象扶養親族に関する申立書必須別途原本の提出が必要
    受給資格者に19歳未満の控除対象となる扶養親族がいる場合、次の書類が必要です。
    (1)該当する控除対象となる扶養親族の人数を明らかにすることができる書類
    (2)該当する控除対象となる扶養親族が扶養義務者でないときは、その扶養親族の前年の所得額についての市区町村の証明書

    詳細を見る

    閉じる

    受給資格者が所得税法 に規定する控除対象扶養親族(十九歳未満の者に限る。)を有するときは、次に掲げる書類 (1)当該控除対象扶養親族の数を明らかにすることができる書類 (2)当該控除対象扶養親族が法第十条 又は第十一条に規定する扶養義務者でない場合には、当該控除対象扶養親族の前年の所得の額についての市町村長の証明書
  • ●生計維持方法等確認書と医師等の診断書必須別途原本の提出が必要
    受給資格者が前年の12月31日時点で扶養親族等でないお子さんの生計を維持していた場合、次の書類が必要です。
    (1)該当するお子さんの人数と、受給資格者が前年の12月31日時点でそのお子さんの生計を維持していたことを明らかにすることができる書類
    (2)該当するお子さんが前年の12月31日時点で障がいがあった場合には、その障がいの状態に関する医師等の診断書

    詳細を見る

    閉じる

    受給資格者が前年の十二月三十一日においてその者の法第九条第一項 又は第九条の二 に規定する扶養親族等でない児童の生計を維持したときは、次に掲げる書類等 (1)当該児童の数及び受給資格者が前年の十二月三十一日において当該児童の生計を維持したことを明らかにすることができる書類 (2)当該児童(前年の十二月三十一日において十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にある者を除く。)が同日において令別表第一に定める程度の障害の状態にあつた場合には、当該障害の状態に関する医師又は歯科医師の診断書(当該障害が別表に定める傷病に係るものであるときは、当該診断書及びエックス線直接撮影写真とする。第三条の四第一項第三号を除き、以下同じ。)
  • ●配偶者等の前年の所得証明書必須別途原本の提出が必要
    配偶者がいる受給資格者、扶養義務者がいる父母である受給資格者、扶養義務者がいる養育者である受給資格者のいずれかである場合、該当する配偶者等の前年の所得について次の書類が必要です。
    (1)所得額、扶養親族等の有無と人数、老人扶養親族の有無と人数についての市区町村の証明書
    (2)該当する配偶者または扶養義務者が所得の計算額からその年度の道府県民税の控除を受けるときは、その事実を明らかにできる市区町村長の証明書

    詳細を見る

    閉じる

    配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下同じ。)がある受給資格者又は法第十条 に規定する扶養義務者がある父若しくは母である受給資格者若しくは法第十一条 に規定する扶養義務者がある養育者である受給資格者にあつては、当該配偶者又は当該扶養義務者の前年の所得につき、次に掲げる書類 (1)所得の額並びに法第十条 に規定する扶養親族等の有無及び数並びに所得税法 に規定する老人扶養親族の有無及び数についての市町村長の証明書 (2)当該配偶者又は当該扶養義務者が令第四条第二項 各号の規定に該当するときは、当該事実を明らかにすることができる市町村長の証明書
  • ●受給者と対象となるお子さんの属する世帯全員分の住民票の写し

    詳細を見る

    閉じる

    受給者及び対象児童の属する世帯の全員の住民票の写し
  • ●別居監護申立書必須別途原本の提出が必要
    受給者が父である場合において、対象児童と同居しないで監護し、かつ、そのお子さんと生計を同じくする人であるときに必要となります。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が父である場合において、対象児童と同居しないでこれを監護し、かつ、これと生計を同じくしているときは、その事実を明らかにすることができる書類
  • ●別居監護申立書必須別途原本の提出が必要
    受給者が母である場合において、対象児童と同居しないで監護し、かつ、そのお子さんと生計を同じくする人であるときに必要となります。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が母である場合において、対象児童と同居しないでこれを監護し、かつ、これと生計を同じくしているときは、その事実を明らかにすることができる書類
  • ●養育申立書必須別途原本の提出が必要
    受給者が養育者である場合に必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が養育者であるときは、対象児童を養育していることを明らかにすることができる書類
  • ●父母の戸籍または除かれた戸籍の謄本または抄本、生死不明の証明書、拘禁証明書、お子さんの戸籍謄本または抄本必須別途原本の提出が必要
    受給者が、父母が亡くなっているなどの状況にあるお子さんの養育者である場合、次の書類が必要です。
    (1)対象となるお子さんの父母のいずれかが亡くなっているときは、該当するお子さんの父母の戸籍または除かれた戸籍の謄本または抄本
    (2)対象となるお子さんの父母のいずれかの生死が明らかでないときは、その事実を明らかにすることができる書類
    (3)対象となるお子さんの父母のいずれかが法令によって引き続き一年以上拘禁されているときは、その事実を明らかにすることができる書類
    (4)対象となるお子さんの父母のいずれかが明らかでないときは、該当するお子さんの戸籍の謄本または抄本

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が法第九条第一項 に規定する養育者であるときは、次に掲げる書類 (1)対象児童の父又は母が死亡しているときは、当該児童の父又は母の戸籍又は除かれた戸籍の謄本又は抄本 (2)対象児童の父又は母の生死が明らかでないときは、その事実を明らかにすることができる書類 (3)対象児童の父又は母が法令により引き続き一年以上拘禁されているときは、その事実を明らかにすることができる書類 (4)対象児童の父又は母が明らかでないときは、当該児童の戸籍の謄本又は抄本
  • ●官公署の証明書必須別途原本の提出が必要
    受給者が、父の生死が明らかでないお子さんを監護もしくは養育しているとき、または母の生死が明らかでないお子さんを監護しかつそのお子さんと生計を同じくしているまたは養育している場合に必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が法第四条第一項第一号ニに規定する児童を監護し若しくは養育しているとき(前号に該当する場合を除く。第六号及び第七号において同じ。)又は同項第二号 ニに規定する児童を監護し、かつ、これと生計を同じくし若しくは養育しているとき(前号に該当する場合を除く。第六号及び第七号において同じ。)は、当該児童の父又は母の生死が明らかでないことを明らかにすることができる書類
  • ●遺棄申立書必須別途原本の提出が必要
    受給者が、父母のいずれかから引き続き一年以上遺棄されている状況にあるお子さんを監護、もしくは養育しているなどの場合に必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が令第一条の二第一号に規定する児童を監護し若しくは養育しているとき又は令第二条第一号に規定する児童を監護し、かつ、これと生計を同じくし若しくは養育しているときは、当該児童が父又は母から引き続き一年以上遺棄されていることを明らかにすることができる書類
  • ●拘禁証明書必須別途原本の提出が必要
    受給者が、父母のいずれかが法令によって引き続き一年以上拘禁されているお子さんを監護、もしくは養育しているなどの場合に必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が令第一条の二第三号 に規定する児童を監護し若しくは養育しているとき又は令第二条第三号に規定する児童を監護し、かつ、これと生計を同じくし若しくは養育しているときは、当該児童の父又は母が法令により引き続き一年以上拘禁されていることを明らかにすることができる書類
  • ●お子さんの戸籍の謄本または抄本必須別途原本の提出が必要
    受給者が、母が婚姻によらないで妊娠した児童かどうかが明らかでないお子さんを監護もしくは養育しているなどの場合に必要です。

    詳細を見る

    閉じる

    受給者が令第一条の二第五号に規定する児童を監護し若しくは養育しているとき又は令第二条第五号に規定する児童を監護し、かつ、これと生計を同じくし若しくは養育しているときは、当該児童の戸籍の謄本又は抄本
  • ●個人情報の確認に関する同意書必須別途原本の提出が必要
  • ●申立書必須別途原本の提出が必要
  • ●婚姻等に関する確認書必須別途原本の提出が必要
  • ●生計同一者に関する確認書必須別途原本の提出が必要
  • ●養育費に関する申告書必須別途原本の提出が必要

手続きに必要な持ちもの

窓口で手続きを行う場合には別途各自治体窓口にお問い合わせ下さい。

所管部署

健康福祉部社会福祉課

紐付く制度

児童扶養手当

受付開始日

2017年07月12日

注意マーク

申し訳ありませんが、マイナンバーカードをお持ちでない場合は電子申請ができません。マイナンバーカードの申請はこちら(外部サイト)を確認してください。
マイナポータルAPは、本ページ下部の「動作環境」ページからインストールしてください。

注意マーク

申し訳ありませんが、マイナンバーカードをお持ちでない場合は電子申請ができません。マイナンバーカードの申請はこちら(外部サイト)を確認してください。
マイナポータルAPは、本ページ下部の「動作環境」ページからインストールしてください。